FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前十字靭帯断裂。その後

SBCA0072_convert_20150130184931.jpg
前十字靭帯断裂その後。

現在、日常生活は問題なくできています。

今できないことは、
・体重をかけて深く膝を曲げること(うんこ座り、正座ができない)。
・あぐらをかくこと(股関節が固くなってしまっている)。

伸ばす方については問題なくできる
(めいっぱい伸ばすと膝の奥に違和感はある)ので、
アシュタンガヨガにも行ってみたわけですが、
当初の、全く伸ばせない、九の字のままの状態を思えば、
本当によくなったなあ、と思います。

ただ、この“あとちょっと”が曲者な感じもしますが。


◆ヒアルロン酸注射

週に1回、7月末まで計10回打ちました。

これ痛ったいの~(涙)

ぶすう、と結構奥まで針刺して、
ちゅーっと液体注入されてる感じも痛い。
でも、そんなに痛くない日もある。
打った後、滑りがいいような気がするときもあるし、
あんまり効果が分からない時もある。

だから、注射が効果的だったのか本人はよく分かりません(笑)。

当初、手術かも、と言われるくらい状態が悪かった膝も、
注射とリハビリ繰り返しているうちに大分よくなって、
最後は「痛くなったらまた注射をしましょう」と言われました。
痛くなったら?
その判断基準が分からなくて不安だったけど、
(だって、程度の差はあれ常に痛いことは痛いんである。)
結局その後、注射をお願いすることはありませんでした。

あと、注射を繰り返していた頃、
くるぶしの上にぼっこりコブができたことがありました。
怖くなって先生に聞いたら
「ガングリオンだね~」
「水抜くって方法もあるけど、またふくらんじゃうから放っておけばいいよ」
・・・あれ、膝に入れたヒアルロン酸がつるーっと降りて下にたまったんじゃないか、
ってシロウトはドキドキしましたが、いつの間にやら消えていました。


◆リハビリ

本当は「もうちょっと来た方がいい」ってリハビリ兄ちゃんには言われてます。

でも、具合がよくなってくると現金なもので、
リハビリに通う意欲が激減しています。

電気をあてて、
その後兄ちゃん先生がストレッチやマッサージ。
膝の奥の方が痛んだときは、超音波の器具を当てたりしました。

兄ちゃんにベッドで足持ち上げられてストレッチするのも、
調子がよくなってくるとちょっとこっぱずかしくてねぇ。
久しぶりに行くと「あ、さぼってましたね~」って言われるのも
具合がわるくてねぇ。

あとは、ヨガでセルフリハビリしようかな、とシロウト判断中。


◆筋トレ

左足が使えないのに、
引越しも含め、子どもの卒業入学など、
ちょっとハードめの日常を送らねばならなかった3,4か月。
右足駆使したびっこ生活がもたらしたのは、
ぶっとく成長した右ふくらはぎでした(蒼白)

ある日、スカートがほしくてお店で試着し、
鏡で後姿を確認しようとした時にそれは発覚。

な、な、なに、左右でふくらはぎの太さが違うんですけど!!

・・・あまりの衝撃にスカートなんてどこへやら、
だってほんと、ぜんっぜん太さが違うんですから!

そして太くなった右ふくらはぎと相対的に、
左ももが激ヤセしていることも発覚。

左膝に負担をかけないためにも、
左ももの筋肉つけないといけませんよ、
ってリハビリ兄ちゃんに言われ、
気を付けているつもりではあるけれど、
(パートの往復も自転車で)
筋トレ、なかなか、ねぇ・・・もごもご。

鍛えているつもりでもなかなか筋肉はつかないし、
使わないようにしているつもりでもなかなか筋肉が落ちないし。

左右差顕著な私の足は、いつ歩み寄るのでしょうか。


◆傷害保険

生協の安い保険に入っているのだけれど、
この保険が降りると分かって、
「やばい、保険成金になっちゃうかも!」とほくそえんだのもつかの間。

リハビリさぼってたから通院日数が少ないのに、
北国と関東と病院ふたつ分、診断証明に2倍のお金がかかってるのと、
高いMRI2回分の診療費は対象にならないのとで、
ぜーんぜん貧乏でした。がっかり。

コメントの投稿

非公開コメント

Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。