スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天人峡~旭岳。そしてフキバッタ。

130923-06_convert_20131030135319.jpg
旭川から20分くらい?

天人峡温泉街。

「街」といったって、ものさびしい。
宿が3,4軒。
深い深い山間の、秘境の趣、ですよ。


130923-31_convert_20131030135628.jpg
天人峡最大の観光ポイント「羽衣の滝」

宿からすぐのところに遊歩道が整備されているのですが、
土砂崩れのため閉鎖中。

「あー、でもみんな横よけて入っていくから~、
 全然行けるよ~。」

という宿の人の言葉を受けて、


130923-21_convert_20131030140000.jpg
横をすりぬけて入る(スミマセン)。

全然きれいじゃん!閉鎖なんてもったいない!
と思ったけど、


130923-17_convert_20131030135825.jpg
滝のすぐ手前にひどい土砂崩れ。

ああ、こりゃあちょっと大変だなあ。


130923-15_convert_20131030140157.jpg
「羽衣の滝」

滝の下部も倒れた木が折り重なって。


130923-26_convert_20131030164855.jpg
整備しなおすのはとても大変そうだったけれど、
苔むした岩の緑の美しさとか、


130923-25_convert_20131030165502.jpg
木々の合間からのぞく川の流れの清らかさとか、

観光客の人に見せてあげたいよね、
温泉街の人たちもここが整備されないと厳しいよね、
などと思う散策でした。

(私たちは朝早めに出たので、
 滝から戻る頃、あとから来る人たちと続々すれ違いました。
 ・・・もはや入り口閉鎖の意味なし)


130923-64_convert_20131030162455.jpg
そのあと、車ですぐの「旭岳」ロープウェーへ。

紅葉が見ごろ、ロープウェー運行は本日まで、
ということで。
北海道では珍しい
駐車場待ちの「渋滞」ができておりました。

我が家は臨時駐車場にすぐ停められたので、


130923-45_convert_20131030163422.jpg
ご覧の絶景。


130923-58_convert_20131030162846.jpg
山頂の遊歩道、
ぐるりと歩いて小一時間?

見事な快晴から、
雲が広がって山頂が隠れて、
帰る頃にはまた雲の隙間から山頂が見えて。

紅葉もきれいで。


130923-55_convert_20131030170147.jpg
「もうあるくのいやだー」と
頭から湯気出して怒ってる(?笑)次女ちゃんも、
山頂で買った1個200円(!)のおはぎ食べてがんばって。
(山の上で食べるおはぎの、そりゃまあおいしいこと!)

いつか、山頂まで登りに行けたらいいなあ・・・。


130923-36_convert_20131030163822.jpg
旭岳下っての帰路、
途中車を停めて川岸に降りてみたりなどしたら、

(忠別川。アイヌ語で「波のある川」
 まさに、白い波の立つ流れの速い川。なるほどなあ)


130923-68_convert_20131030161919.jpg
なんだコレ!

バッタが木製手すりに挟まってる、
あっちにもこっちにも!!(怖)


130923-67_convert_20131030162058.jpg
家に帰って調べてみたらば
「フキバッタ」

北海道に分布している、
翅の退化した飛べないバッタ。

古い木の柔らかくなった部分がちょうど産卵にいいらしく、
体を押し込んで卵を産んでいるらしい。

夫なんて
「なんかの生贄か!?」とか言ってたからね(苦笑)

でもそれくらい、ちょっと不気味な光景でした。

コメントの投稿

非公開コメント

Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。