スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優等生。

P1010538_convert_20130806153628.jpg
北国の小学生も明日から夏休みです。

夏休みの計画表、学習の欄に
「1日30分は勉強する」と書いたがんこ(長女)、
「1時間はして!!」と先生に赤を入れられいていた(笑)。

そんながんこちゃん、
夏休み前の個人懇談のときに担任の先生から、
「がんこちゃんかなり成績がいい方だと思うんですけれど、
 塾行かれてないんですか?く○んみたいなのも?
 ・・・それなら尚すごいですね。」
と言われました。

自慢?(苦笑)
いや、言いたいのは自慢じゃなくて。

小学生で塾ってなんぞやと私は言いたい。

幼稚園の子でも、英語やく○んに通ってる子いるけど。

“将来困らないように”英語に触れさせておく、というのが、
実際、どれだけ有効なのか。
夫は幼稚園時代までアメリカで過ごしたけれど、
英語は忘れちまったよ。
言葉というのは、毎日使ってナンボなんである。
本人の希望も何もないうちから、親の配慮で英語に触れたって、
本当の力になるんだろうか。

それよりも私が大事だと思うのは、
将来「英語を覚えたい」と思ったときに、
一歩踏み出す勇気、がんばり通す意志の強さ、努力し通す力、
だと思う。
そういうたくましさを鍛えるのこそが幼少期だと思う。
幼少期に小手先の器用さ教えるなんて、言語道断。
たくさん当たってたくさん砕けるべきだと思う。

自然環境も不安、政治も世界情勢も不安、
こんな時代だよ。
全部準備してもらって失敗なく生きてきた人間じゃ、
生き抜けないよ。
私は生き抜ける子になってほしいのよ。


家で勉強もろくにしない、塾にも行かない、
それでも「成績いいですね」と言われるがんこ姉ちゃん。
小学校の勉強なんて、結局そんなもの、だと思う。

小学生のうちからせっせと塾に行って成績保っているとしたら、
その先の中学、高校では伸びしろはないと思う。
(まあ多くの子の場合、
 塾で教わるから学校の授業がおろそかになる、とか
 お友達とのかかわり目当てで塾に行く、とか
 家ではやらないから塾で復習する、とか
 そんなところだと思うから、
 中学高校でも成績はキープできるんだと思うけど。
 逆に、ほんとは塾行ってる意味ないんじゃない?)


でもさぁ。

姉ちゃん、さすがにもうちょっと
家で勉強してもいいんじゃない?(苦笑)

私はできてるし、って思ってる鼻も、
どこかでへし折られて初めて気づくんでしょうから、
あえて申しませんけれども。

申さないでいるのもツライのよ。
(いくら何でも漢字は練習しないと覚えられませんよ)

ソファにでんと陣取って延々本を読んでる背中に
恨みがましい視線を送る母なのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。