FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人旅。

P1010658_convert_20130806145223.jpg
札幌では市の教育委員会が主催する
小学生の林間学校が夏と冬にあって。

市内の小学生を集めて、
引率は学校の先生たち(ボランティア参加)で、
海のそばや山の中にある小学校を会場に行われます。

がんこ(長女)は昨年夏・に続き3度目、
おっさん(長男)は昨年冬に続き2度目の参加。

二人が入れ代わりでいなくなり、
この1週間は気が気でなかったわけですが。
最後の最後でやらかしてくれましたよ、おっさん。

しおりの中には
「子どもの自立心、自発性を育むためのプログラムの一環として、
 子ども自身の力で集合・解散場所から自宅までの往復を、
 公共の交通機関を利用して参加することも
 重要な体験学習の一つと考えております。」とあって。

おっさんにも、解散場所からバスを乗り継いで往復する方法を
こんこんと教え、図を書き、実際にバスにも乗ってみて、
行きは無事にたどり着いたわけですが。

帰り。
家の最寄のバス停で待つ母の前を、
おっさんが乗ってるはずのバスがスルー。

・・・え!?

これ乗ってないとかありえないし!!

よりによって、車、修理中で不在のため、
夏のギンギン日差しの中、母ちゃん自転車ぶっとばしましたよ。
乗り継ぎのバスターミナルまで行ってみたものの、
おっさんの姿はナシ。
ということは、何かしらのバスには乗ったということ。

えーーー、もうどこ行っちゃったんだよーーー。


130802-07_convert_20130806161905.jpg
結論から申しますと。

1時間後に彼は帰ってきました。

バスが別方向に向かってるような気がして不安になって、
見慣れたお店のある停留所(最寄りの2つ3つ手前)で降りた。
一人で行ったこともあるお店なのに、
変な方向へ歩き出してしまい、迷子になり、
タクシーの運転手さんに道を聞いてようやく帰り着いたと。

寝不足でくたくたの状態で、
2泊分のでっかくて重い荷物しょってさあ。
ギンギンの日差しの中を1時間ですよ。

小4男子も泣くよなあ、そりゃ(苦笑)。

「迷ってる途中、
 このまま暗くなっっちゃったらどうしようと思った」って、
そりゃ泣くよなあ。

でもよう。

母ちゃんもう突っ込みどころ満載だよ(とほほ)。

一応、バスに乗った段階で、
「○○にはこのバスでいいんですか?」みたいなことを
目の前に立ったおじさんに聞いたらしい。
でもその返答が何言ってるか分からなかったらしくて、
(聞き方も悪かったんだと思う。
 分からなくてそのままにしたのもよくなかった)
正しいバスに乗ってるのか不安なまま発車したらしい。

一人で子どもをバスに乗せるときは、
「運転手さんに“このバス停止まりますか?”って最初に確認しなさい」
と教えることをお勧めします。

母とおっさんの涙の果ての結論(苦笑)。
はーーー。
心配するってほんと疲れる。

コメントの投稿

非公開コメント

Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。