スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼文島へ その2

130714-06_convert_20130731120759.jpg
ハードスケジュールの礼文島旅2日目。

6:50稚内出航の礼文島行フェリーに乗るために、
朝5時起き。

眠い目こすりながら船の中で朝食にパンを食べていたら、
次女ちゃんの前歯が抜けた!
記念の初抜け。忘れられない記憶になるでしょう(笑)。

ほらほら礼文島が見えてきた。
・・・雲が低くかかった、あいにくの天気。


130714-11_convert_20130731120941.jpg
香深フェリーターミナルから9時発の路線バスに乗って、
香深井まで10分ほど。

運転手さんが「林道でしょ?バス停からちょっとあるから」と言って、
停留所通り過ぎて林道入り口に近いところで降ろしてくれた(!)


山の上に重い雲がかかって、
一応カッパの類は持ってはきたけれど、
これ大丈夫かなあ・・・、と不安になりつつ礼文林道入り口へ。
9:45入山。


130714-12_convert_20130731121117.jpg
一歩入ったらうっそうとした森。

上り坂になると途端に文句たらたらの次女ちゃんひっぱって、
(下りになると元気になる。さっきまでが嘘みたいに走り出す)
目指すは・・・


130714-28_convert_20130731121254.jpg
レブンウスユキソウ。


130714-29_convert_20130731121514.jpg
深い森の中を歩いていたのに、
山の上の方に出たら急に視界が開けて、
(がんこが「あれ?木いつの間になくなったの?」)

群生地に到着したのが12時。
思っいたよりも小さくて、可憐な白い花が
いっぱい咲いていた。

「今が一番いいときだね」と話しかけてくれた
レンジャーハウスのおじさんとあれこれ話して、
あめちゃんもらって(父母の分までくれた)
フェリーターミナルに向けて下る。


130714-33_convert_20130731121931.jpg
低い雲の中に突入して(子どもたち喜ぶ)
霧雨に濡れたけれど、
とりあえず雨に降られることもなく、

男子二人はあえて登りの道を行き
(山のてっぺんにぽつりと見える。手ふってる)
女子三人は下の道をたらたら歩きつつ、


130714-39_convert_20130731122057.jpg
道端のかわいい花を楽しむ。


礼文島には夫と一度来たことがあって、
かつての案内本を取り出してみたらば、
平成7年の時刻表がはさんであった。
18年前!!怖!!

その時は夏で、
礼文滝から地獄岩に抜ける4時間コースの途中を歩いたのだけれど、
一面の笹っ原を抜けたら、
ロープをつたって下ったり、川を渡ったり、
サバイバルな道のりが楽しかった記憶。

でも夏休みだったから花の時期は終わっていて。

今度行くときは絶対花の時期に!と思っていたから、
今回ウスユキソウ始めいろんな花が見られてよかった。
(本当の盛りにはもう少し早い方がいいのだけれど)

夫は最後まで礼文滝へのコースにこだわっていたけれど、
早起きでたくさん歩かされてへろへろの子どもたちには
ちょっと無理だったわね~。


130714-42_convert_20130731122704.jpg
下の方に降りてきたら雲がきれて、
香深の海が見えてきた。

ほら!ウニ丼もうすぐだよ!がんばれ!
とぐだぐだの次女ちゃん励ましつつ・・・


130714-46_convert_20130731123223.jpg
フェリーターミナルに到着!
13:30。

しかし、ターミナルのお寿司屋さんに行ってみれば、
「13:30でラストオーダー」の札が。
店の前で衝撃を受けて立ち尽くす我が家を見かねて、
お店のお兄さんが
「テイクアウトなら何か用意しますよ?」と。

「ウニ丼目指して歩かせて来たんです、
 ウニ丼までがんばれがんばれって
 ようやくたどり着いたんですぅぅぅ」

そんなわけで、泣き落としで手に入れたウニ丼1杯3150円!
ここまで来てケチったってしょうがない。
ええい!食え食え子どもたち。

このウニのうまいこと!!
とろけるとろける。

きれいに顔を出した利尻富士を眺めつつ、
ターミナルの外でむさぼり食うウニ丼は
まことにおいしゅうございました。


130714-52_convert_20130731123746.jpg
そうして、宿のお迎えの車に乗せてもらって、
スコトン岬へ向かう。

途中、お兄さんが気を利かせて
立ち寄ってくれたきれいな浜。


130714-51_convert_20130731123435.jpg
遠くにぽつぽつ見えるのはアザラシなんだって!


130714-53_convert_20130731123913.jpg
島の東側は雲が低くてお天気が悪かったのに、
スコトン岬の方へまわったらこの快晴である。

「こんないいお天気はなかなかないですよ。
 いいですよねーこの眺め。自分も楽しんでるんです」
と言ってさらに寄り道をしてくれた宿のお兄さん。

ゴロタ岬、スコトン岬を眺められる高台からの眺めは
そりゃもう絶景でした。


130714-65_convert_20130731124041.jpg
そうしてスコトン岬に到着。

岬のさきっぽの、


130714-68_convert_20130731124212.jpg
すぐ真下にある宿。

え!!!!!!


130714-71_convert_20130731124500.jpg
礼文島の海産土産を扱うお店が経営してる宿で、
だから食事には海の幸をこれでもかこれでもかと出してくれて、
幸せな満腹地獄でございました。

実は、宿に向かう車の中から猛烈な頭痛に襲われ、
吐き気すらしてきて記憶なくしそうになった母。
宿に入ったらすでに布団がひいてあったので、
倒れこむようにしばらく寝たら治りました。
いやあ、あんなの初めて。びっくりした。
(無理がきかなくなってきたお年頃)

そして復活したので、
夕日を眺めに次女ちゃんと岬のさらに先っぽに降りてみる。
ハマエンドウかな、たくさん紫のお花が咲いていて、
ひたすら静かで。

夜再び、家族そろって真っ暗闇の岬に出てみるが、
期待した星空は曇りのため見られず。
残念。

コメントの投稿

非公開コメント

Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。