FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼文島へ その1

130713-01_convert_20130729224020.jpg
3連休初日、ご覧の通りの晴天。

旅日和ですねえ。

ええ。
我が家は礼文島まで行きますよ!!


130713-08_convert_20130729224252.jpg
8時半頃家を出て、
札幌から道央自動車道で深川西ICまで、
そこから留萌、苫前、サロベツ原野を抜けて稚内まで340キロほど。

北海道の旅を語る上で外せないのが「道の駅」。
この「道の駅」を逃すと、
その先ずっと飲まず食わず、
みたいな何もない道が延々続いたりしますから。

11時、留萌の「おびら鰊番屋」で
ソフトクリーム食べてひとやすみ。
重要文化財の鰊番屋が隣接。


130713-05_convert_20130729224141.jpg
目の前に浜があったので降りてみたら
貝拾いが止まらない。
石投げが止まらない。
(あまりにも見事な投石フォームの相似。ビックリ。
 親子だねえ)

・・・いつものパターンだけれど、
寄り道に時間がかかります。

そのあと、遠別町「富士見」のとんがりかんでランチ。
タコおこわやら、ラーメンやら。

「富士見」というだけあって、
利尻富士が目の前に見える・・・はずなのだけれど、
雲がかかって裾野がかろうじて見える程度。


130713-15_convert_20130729224404.jpg
そのまま海沿いのオロロンラインを走ると見える、
オトンルイ風力発電所。14時半。
風車が28基。壮観。


130713-21_convert_20130729224526.jpg
オロロンラインをちょっとそれて、
幌延ビジターセンターへ行ってみる、15時。

パンケ沼まで3キロの木道があるのだけれど、
時間的に厳しいので長沼まで歩く。


130713-23_convert_20130729230226.jpg
湿原の落とし穴「やちまなこ」を見て、長沼。

なんという景色!!

湿原と、沼と、青空と。

静かで鳥の声が間近。
そこに響き渡る次女ちゃんの声(苦笑)。


130713-31_convert_20130729230343.jpg
お散歩のあと、
16時、オロロンラインへ戻ってみれば、
おお!!
利尻富士を覆っていた雲がきれてくっきりはっきり!

叫んでみていい?とウキウキ顔で聞いてから、

「ばーかーやーろおおーーーう」

と大声を出すおっさん(長男)と次女ちゃん。

・・・っちょ!!
他に人もいるんですから!
そんな不満ある生活させてないはずだけどっ!!

山を見ると、海を見ると、
叫びたくなるのはヒトの本能なのでしょうか(恥)。


130713-36_convert_20130729235059.jpg
その先へ行くと「こうほねの家」

こうほね、とは沼に咲く花の名前。
スイレン科なのだけれど茎が長くて花が小ぶり。
ちょっと見てみようのつもりが、
ここでも目の前の浜に降りたら結果長居。

貝殻集めにいそしむ子らを待つ間、
母は浜にたくさん咲いていた「ハマユウガオ」を眺める。


130713-39_convert_20130729230512.jpg
そうして、ようやく到着、ノシャップ岬!!
17時すぎ。


130713-40_convert_20130729233911.jpg
ノシャップ岬、と言っても、
何があるわけでもなく(笑)。

結局また浜で石投げ始める父と子ら。

ふと足元を見たら、穴の開いた石が。
顔みたいで面白いでしょ!


ようやく気が済んだ父と子らとともに、
稚内市内、本日の宿へ。

・・・ところが宿目前にして車当てられる事故発生(涙)。

大事ではなかったのが幸か不幸か。

旅はつづく。

コメントの投稿

非公開コメント

Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。