スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルキャラ♪

1308212_convert_20130904135117.jpg
8月末からどんよりお天気続きで、
すっかり涼しくなってしまった北国ですが、


130901-03_convert_20130904135003.jpg
・・・誰?


130901-01_convert_20130904134949.jpg
アホや(笑)

旭山記念公園の噴水、
少し陽が出てきて蒸し暑くなってきたので、
次女ちゃんがキャッキャ楽しそうに遊んでいたら
このあとびしょぬれ子どもが急増。

においにうるさい次女ちゃん、水に顔近づけながら
「さかなのにおいする」

・・・あんまり、水きれいじゃないようです(苦笑)


130901-09_convert_20130904135019.jpg
おやつに、円山の六花亭へ。

今春?発売された「マルキャラ(マルセイキャラメル)」

柔らかいキャラメルにざくざくした大豆とビスケットの感触、
めっちゃうまいのです!
一袋に3粒入って70円。
お店でみかけるとつい「買っちゃう?」と子どもたちと話す。
ちょっとゼイタクなおやつ。

そんな「マルキャラ」味のかき氷!!

かき氷、といっても、
牛乳と練乳入りの氷ですから、氷がすでにおいしい。


130901-10_convert_20130904135032.jpg
母ちゃんはあんみつパフェ。
あんこつやつや~


おっさん(長男)だけイベントで別行動だったので、
娘二人と父母のないしょのおやつでした。
ごめんよ。



余談。

お昼ちょっと早い時間においしいカレーラーメン店に行きました。
次女ちゃんはもちろん、
がんこ(長女)ものんびり屋さんなので、
食べるスピードが早いとは言えません。
それでも繁盛店でどんどん混んでくるのはわかってるから、
せかしつつ食べていたのです。
が。
店主がやおら2人がけの席に椅子を1個追加して
「ずいぶん待たせちゃってるんでこっちに移って」と。
4人いるのに3人席。
待たせてるって言うけど、
うちの後に来た人たちと比較しても
それほどのんびり食べてたわけじゃないんですよ。
・・・子連れで来るなってことね。
分からないでもないけどさ。
でもすごく、残念でした。
そう言われたからってわけじゃないけど、
今回味も「あれ?前とちょっと違う」という感じで。
あーあ。
もう、行かないな。
スポンサーサイト

竜巻。

1308214_convert_20130903145522.jpg
昨日の埼玉の竜巻。
ニュースで見て寒気がした。


130828_convert_20130903145607.jpg
今年の夏は、北国でも変だなと思うことが多かった。
一番は夕立。

カッと日差しの強い晴天から突然の大雨、雷雨、という
本州の夏にはつきもののいわゆる「夕立」ってのは
北海道ではほとんどなかった、と思う。
夕立が頻繁に起きるくらい、
北海道も気温が上がっているのだな、と
夕立のたびに空恐ろしい気持ちになっていた。


その夕立も、
関東を離れる頃に「ゲリラ豪雨」なんて言葉が出始めて、
それが今となっちゃ竜巻が起きちゃって。

明らかにおかしな気象状況で、
この先どうなっちゃうんだろう。

子どもたちの未来はどうなっちゃうんだろう。


子どもが生まれてすぐの頃、
地球温暖化に一人怯えて夜眠れなかったりしたけど、
今改めて不安がいっぱい。



次女ちゃんに
「りんたろくんのタマタマ、とっちゃったの?」と聞かれて、
去勢の説明をしながら、
「野良ネコとかもね、不幸な子猫を増やさないために
 去勢して放したりするんだよ」
と言いながら自問する。

不幸な子どもを増やさないために?
こんな風に不安いっぱいの未来なら、
子どもをこの世に生み出したことは逆に不幸なことだったのかな?

震災の衝撃も、
2年たった今となっては皆忘れてしまったかのように
元通りの、電気もガスも使い放題の生活に戻ってしまっている。
震災の年、関東の気温は0.7度下がったんだって。
あのときできたのに、どうして忘れちゃうんだろう。
もちろん、自分も含めね。


「えっとー、りんたろくんのとったのってなんだっけ、
 ほるもんだっけ?」
とか。
わけの分かんない誤変換して
さっぱり理解してない次女ちゃんの相手するのに疲れつつ(苦笑)
この子たちの未来がどうぞ平穏なものでありますようにと、
切ない気持ちになる母なのでした。

人、それぞれ。

1308281_convert_20130904125624.jpg
実母の話。

好き嫌いの激しい人で、
人との付き合いも長続きしない。
職場でも近所でも親兄弟とでも。

誰かの嫌なところをさも嫌そうに話す母の顔が
子どもの私はとてもイヤだった。
ああはなるまい、と思っていた。

けど。

程度の差こそあれ、
母の娘なんだなあ結局、と思い知る今日この頃。


今までにも、思い返せば
思い知る機会は何度もあったのだと思うけれど、
見て見ぬふりをしてきたんだな。

DNAに逆らうには、
相当の努力をしなければならないのだろうなあ。
でもやっぱり、私は、
努力をしたいよなあ、と思う。


今回の直接のきっかけはね、
フラの人間関係トラブルでして。
でも、子育てを通してもヨガの先生の言葉の中でも、

「大事にしたいことは人それぞれ」

というキーワードが続けて出てきて。

大事にしたいことは人それぞれ、
どちらが正解で不正解か、なんてことはなくて、
どちらも正解なんだってこと。

私の頭の中に欠けていた考え方だった。


小さいわが子を待ちぼうけにしても、
フラに熱中してしまう母もいる。

母になったら皆子どもが1番になるわけではなくて、
自分の大事にしたいものを優先する人もいる。

わが子を心配するあまり、
身近で親子をよく知る仲間の言葉よりも、
変な思想家にすがってしまう母もいる。


そういうことごと、
相手を心配して口出しすることが必ずしも正解ではなくて、
他人は結局見守っているしかできないんだってこと。

自分ではやさしさのつもりでも
相手にとっては傲慢な気持ちの押しつけだったってこと。

胆に銘じておこう。
大事なものは人それぞれ。

けんきゅう。

130906_convert_20131118165809.jpg
登園の道すがら、
道路脇に生えたコケをはがし、

「コケそだてたい!けんきゅうしたい!!」

と言う次女ちゃん。

折りよく山深い公園へ行ったので、
何種類かのコケをはがし持ち帰る。

「けんきゅう」は幼稚園で使っている言葉で、
そういう好奇心の持ち方がいいなあ、と母は思うよ。

鉢に植えた感じは完全「盆栽」みたいで渋いけど(笑)、
がんばって研究しておくれ。

芸術の秋

130907-01_convert_20160705112923.jpg
札幌、芸術の森でイベントがあったので行ってみる。

紙切りアート、佐藤隆之さんのワークショップに参加。
先生の型紙に沿ってちょきちょき。
折り目を付けて立体的にすると、
130907-03_convert_20160705112957.jpg
ほーら。昆虫たちが。

先生がオマケにくれた伊勢海老はその精巧さがほんとにすばらしい。
大事にします。

その後は広い展示広場を散歩。
130907-06_convert_20160705113013.jpg
130907-08_convert_20160705113031.jpg
末っ子ちゃんは、おっぱいが大好きです。
・・・つまむな。

130907-09_convert_20160705113051.jpg
130907-10_convert_20160705113109.jpg

全力。

130914_convert_20131118173104.jpg
お天気が悪かったので、
午前中開催予定を午後にずらした幼稚園の運動会。

ずらして大正解、の青空。

いつだって全力少女の次女ちゃんは、
応援するときだって、
組体操(もどき)でハト時計のハトになるときだって、
リレーでバトンを受け取るときだって、
いつだって体中から「全力」オーラむんむん。

それは他の子もいっしょで。

リレーで自分のチームの危機に、
悔し泣きしながら走ってる。
・・・もらい泣きするよね~そんなの見たらね~。

カッコなんて気にしない、
力いっぱい自分の力を出し切ってる姿は、
年が上がるにつれて見れなくなることで。

なんと気持ちのよい姿だろうかと、
母ちゃんは胸がいっぱいになりました。


130914-1_convert_20131118173404.jpg
で、運動会の景品。
お野菜たくさん。

これで今晩お料理して一緒に食べてくださいね、
あなたががんばってもらった野菜ねって
今日のことたくさんお話してくださいね、って。

そんなわけで。
次女ちゃんのリクエストにより今晩はカレー(笑)

4人前。

P1020293_convert_20131029140440.jpg
昨日は満月がきれいに見えました。


P1020294_convert_20131029141253.jpg
朝。

空はもうすっかり秋。


130920-B_convert_20131029141446.jpg
秋といえば遠足。

今朝は小学生も弁当持参のため、
母ちゃんは仕出し屋かと思いましたよ。


P1010539_convert_20131029141649.jpg
やれやれ。

旭山動物園

1308213_convert_20131030132358.jpg
気持ちいい秋晴れの連休、


130922-03_convert_20131029153326.jpg
旭川・旭山ZOOへ行ってきましたよ。

アザラシのトンネルも、


130922-22_convert_20131029153922.jpg
ホッキョクグマのもぐもぐタイムも、

迫力満点、やっぱり楽しい。


130922-23_convert_20131029154127.jpg
なんてキュートな足裏とオシリ(オシリフェチなの)。


130922-12_convert_20131029153805.jpg
でも、我が家が最も長い間眺めていたのは
シロテテナガザル。

秋ですから、アカトンボがいっぱい飛んでいるのです。
飛んできたトンボがロープや棒にとまると、
ぱっと手でつかんで口へ(おいしいのかな・・・)。

その見事な早業、ずうっと見ていても飽きませんでした。

この時期限定の楽しみ方(笑)。


130922-16_convert_20131029154510.jpg
そして、ところどころで見かける
あべ弘士さんの絵。
私、好きなの。

旭山動物園で飼育員されていて、
今は絵本作家さん。

「あらしのよるに」が有名ですが、
うちの子たちは「どうぶつえんガイド」が好き。

皆さらーっと通り過ぎちゃうけど、
味わい深い絵があちらこちらにあるオオカミの森は
うきうきします。


おっさん(長男)と次女ちゃんは、動物よりも、
急な坂道でのドングリ転がし競争に熱中して地面にはいつくばってるし、
そんなこんなで、やっぱり閉園までいた私たち。
日帰りできる距離だけど、
今晩は天人峡温泉で一泊です。

天人峡、ちなみに「てんにんきょう」と読みます。
ナビで「てんじんきょうおんせん」と入れても全然出なくて、
ナビ頼みで地図確認していなかった私たち夫婦は
ドキドキしちまいましたよ。

天人峡~旭岳。そしてフキバッタ。

130923-06_convert_20131030135319.jpg
旭川から20分くらい?

天人峡温泉街。

「街」といったって、ものさびしい。
宿が3,4軒。
深い深い山間の、秘境の趣、ですよ。


130923-31_convert_20131030135628.jpg
天人峡最大の観光ポイント「羽衣の滝」

宿からすぐのところに遊歩道が整備されているのですが、
土砂崩れのため閉鎖中。

「あー、でもみんな横よけて入っていくから~、
 全然行けるよ~。」

という宿の人の言葉を受けて、


130923-21_convert_20131030140000.jpg
横をすりぬけて入る(スミマセン)。

全然きれいじゃん!閉鎖なんてもったいない!
と思ったけど、


130923-17_convert_20131030135825.jpg
滝のすぐ手前にひどい土砂崩れ。

ああ、こりゃあちょっと大変だなあ。


130923-15_convert_20131030140157.jpg
「羽衣の滝」

滝の下部も倒れた木が折り重なって。


130923-26_convert_20131030164855.jpg
整備しなおすのはとても大変そうだったけれど、
苔むした岩の緑の美しさとか、


130923-25_convert_20131030165502.jpg
木々の合間からのぞく川の流れの清らかさとか、

観光客の人に見せてあげたいよね、
温泉街の人たちもここが整備されないと厳しいよね、
などと思う散策でした。

(私たちは朝早めに出たので、
 滝から戻る頃、あとから来る人たちと続々すれ違いました。
 ・・・もはや入り口閉鎖の意味なし)


130923-64_convert_20131030162455.jpg
そのあと、車ですぐの「旭岳」ロープウェーへ。

紅葉が見ごろ、ロープウェー運行は本日まで、
ということで。
北海道では珍しい
駐車場待ちの「渋滞」ができておりました。

我が家は臨時駐車場にすぐ停められたので、


130923-45_convert_20131030163422.jpg
ご覧の絶景。


130923-58_convert_20131030162846.jpg
山頂の遊歩道、
ぐるりと歩いて小一時間?

見事な快晴から、
雲が広がって山頂が隠れて、
帰る頃にはまた雲の隙間から山頂が見えて。

紅葉もきれいで。


130923-55_convert_20131030170147.jpg
「もうあるくのいやだー」と
頭から湯気出して怒ってる(?笑)次女ちゃんも、
山頂で買った1個200円(!)のおはぎ食べてがんばって。
(山の上で食べるおはぎの、そりゃまあおいしいこと!)

いつか、山頂まで登りに行けたらいいなあ・・・。


130923-36_convert_20131030163822.jpg
旭岳下っての帰路、
途中車を停めて川岸に降りてみたりなどしたら、

(忠別川。アイヌ語で「波のある川」
 まさに、白い波の立つ流れの速い川。なるほどなあ)


130923-68_convert_20131030161919.jpg
なんだコレ!

バッタが木製手すりに挟まってる、
あっちにもこっちにも!!(怖)


130923-67_convert_20131030162058.jpg
家に帰って調べてみたらば
「フキバッタ」

北海道に分布している、
翅の退化した飛べないバッタ。

古い木の柔らかくなった部分がちょうど産卵にいいらしく、
体を押し込んで卵を産んでいるらしい。

夫なんて
「なんかの生贄か!?」とか言ってたからね(苦笑)

でもそれくらい、ちょっと不気味な光景でした。

いくら食べ放題。

P1020515_convert_20131029134753.jpg
おっさん(長男)の誕生日の夕食は、
リクエストによりお刺身と、
ぜいたくいくら食べ放題。

遠慮せずどんどん食いたまえ~。


P1020298_convert_20131029134258.jpg
筋子がスーパーに並ぶ季節になりました。

ほぐして漬けて、
自家製いくらづくりも板についてきた・・・かな!?

来年、関東に戻ったとしたら、
こうしていくら漬けることもなくなるのかな、

ぜいたく食いできるのも、自家製ならでは、
・・・今年で最後か(笑)
Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。