スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

P1000792.jpg
あけましておめでとうございます。


P1000705.jpg
今年は帰省せず、家族全員北国にて年越し。

年末少し体調崩して、
微妙な寒気と鼻水とをごまかしごまかし過ごしていたのですが、
31日朝からズキズキ頭痛。

それでも冷蔵庫に買いためた食材を思えば座ってもおられず、
一日中台所にいて作ったお節。

・・・お重に詰めてみると思ったよりボリュームなくて、
一日の苦労がなんだかちょっと拍子抜けな気分(笑)。


130101.jpg
午後からは初詣へ。

北国の寒さ、写真から伝わりますでしょうか。


本年もりんたろくん、モルたろくんともども、
どうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

正月といえば動物園。

P1000790.jpg
昨年12月12日、円山動物園のアジアゾーンがオープン。

ずっと行きたくてうずうずしていたのはワタシ(笑)。
本日もマイナス気温のめっちゃ寒い一日でしたが、
行ってきましたよ家族そろって。


130103-03.jpg
母ちゃんが一番うれしかったのは、
ヒマラヤグマの寝顔が至近距離で見れたこと。

ヒマヤラグマっていったらあなた、


110405-20.jpg
以前は人気者の白クマ舎に並ぶ地味な場所で、
めったに動くこともなく、
あんまり注目されることもなく、
ひっそりと存在していたのですよ。

でも、そのムクムクの寝姿が愛嬌あって、
母ちゃんはひそかに注目していたのですよ。

よかったねえ、ヒマラヤグマ。


130103-04.jpg
そして多分、一番の目玉コーナー、
レッサーパンダ。

残念ながらオスの一頭、
写真右上の窓の隅でおやすみ中でしたが、
動いていれば頭上を行き来してくれるつくりになっている。


130103-07.jpg
でも寝ていたって大丈夫。

窓の裏にはよじ登って
目の前でレッサーパンダが見られるようになっていて。

楽しいしかけだなあ。


130103-12.jpg
母子チームは雪の中、元気にお食事中。


130103-20.jpg
めっちゃ寒いのに、
猛禽類のショーもやっていて。


130103-18.jpg
カメレオンのしっぽはみごとな巻き具合で。


130103-22.jpg
結局閉園時間までうろうろしていたから、
活動的なモモンガちゃんも見ることができて。

めっちゃかわいい!
がんこ(長女)のハートわしづかみ。


130103-24.jpg
本日も楽しい一日でした。

ひとやまこえて、

P1000693.jpg
お正月、といっても、
りんたろくんみたいに、
そういつまでものんびりしてられません。


P1000794.jpg
冬休みの宿題の難関、書初め。

腰が重い子どもたちのオシリをたたいて、
ああでもないこうでもないと半日仕事。

・・・習字、めっちゃ苦手なの、ワタシ。
それが手本を求められるつらさったら(苦笑)。

まあ、それでも。
ひとやま越えて一安心。

しかし。
もうひとやまあるよ。
自由研究。キャー。


P1000819.jpg
気づいたら、
壁に貼られた次女ちゃんの「かきぞめ」

・・・末っ子、おそるべし。

年賀状アレコレ

P1000498.jpg
年賀状についての意見やらコラムやらを
たまたまいくつか見たのですが、

家族写真の年賀状は自己満足、
送ってもらっても困る、

というのがあって考えさせられました。


我が家はしっかり家族写真の年賀状。
でもおととしまでは子どもだけの写真でした。
それを家族にしたのは、
「子どもの写真だけもらっても困るよね」
と思ったから。

私自身、流産したときに
子ども写真の年賀状を受け取るのは心が痛かったので、
子どもがいないおうちには別の賀状を、
という配慮をするにはしたけど、

同じ子育て世代には子どもだけでもいいかな、
(自分は老けたから敢えて載せたくもないし)
と思って作っていたのだけれど、

もう20年以上会ってない友人から、
とびきり着飾った子どもの写真年賀状を送られても、
「・・・。」
なのよねえ、実際(苦笑)。

ワタシ今こんな感じですけど、
というのが年に一度の年賀状で交換しあえればいいのかな、
それには写真が手っ取り早いよね、
ということで、ここ2年は家族写真にしたのだけれど。

・・・それも自己満足、ナルシズムなのかしらねえ。


一方で、
えとの絵柄と住所名前だけプリントされた賀状も、
これにはなんの意味があるんだろ?
と思ったり。

受け取る人の思いもさまざまですから、
なかなか難しいですね、年賀状も。


・・・とはいえ。
付き合ってる段階で彼女との連名で年賀状出してきた我が弟。
(住所は同じ。宛名書きは弟の字ではない)

あほかっ

怒りのメールを送ったら、電話してきて、
同棲中で近々入籍予定、あたたかく見守ってくれ、
だと。

ならそう添え書きしろって。
報告先にしろって。

付き合い始めてまだ半年ちょっと、
20歳近くも年下の彼女に鼻の下デレデレなバツイチアラフォー男。
情けなさすぎて(そんな息子に対応しきれない両親含む)
新年早々心がどろどろである。

準備中。

P1000823.jpg
お正月気分もそこそこに、


130105.jpg
彼らは準備しなければならぬのである。

おっさん(長男)、洋服の名札縫い付けに苦戦中。

冬の林間学校があるのです。
札幌では教育委員会主催で、
学校の先生がボランティアで参加する
小学生対象の林間学校が、夏と冬の2回催されるのです。

すごくない!?
私が行ったことのある自治体では、
そんなの見たことなかった(はず)!?

泊まるのは学校だったり、
市の施設(滝野や定山渓)だったりするのですが、
2泊から3泊、料金も格安。
なにしろ主催者が信頼できるから、
参加しなきゃソンでしょ(笑)。


というわけで。
夏は2人申し込んでがんこ(長女)だけ当選。
さすがに倍率も高し。
ところが冬は2人とも当選。
時期が時期だから、申し込みも少なかったのかな。
でも、雪の中のキャンプなんて、北国ならではだものね。

というわけで。
参加するとなると、準備もそこそこ大変で。
(2泊となれば荷物も多いし。ゼッケン手作りしなくちゃいけないし)
自主性を大事に、ということで
洋服の名札も自分で作ってみよう!
なんてしおりに書いてくれてたからやらせてみる。

行く前からいい経験いっぱい。
ありがたいことです。

滝野でスキー

P1000822.jpg
パソコンしてたら
りんたろくんが膝にのって来てふみふみ。

こんな甘え方はひさしぶりだねえ。
姉兄がキャンプでいないのが寂しかったりして!?


130108-03.jpg
そう、姉兄がキャンプでいないので、
一人っ子状態の次女ちゃん。

彼女メインで動ける機会もそうそうない
→スキー特訓すべし
→滝野行くべし!!

と、ひらめいたのが朝の8時(遅)。

国営滝野すずらん公園では、毎日2回、
なんと200円で初心者スキー教室をしてくれるのですよ!!

お正月休み明けの平日だし、
朝9時半まで受付の1回目なら大丈夫だろ、と
慌てて準備して滝野へ向かいましたが・・・

甘かった。

道路事情の読みも甘かった。
 (受付終了9時半に5分遅れで到着)
スキースクール人気の読みも甘かった。
 (行ってみればすでに抽選開始。開場はごった返し。
  当選確率1/2ってところかなあ)

こうなりゃ仕方ない。

母ちゃんが先生するしかない(とほほ)。


130108-04.jpg
母ちゃんは板履いていないので、
斜面をひたすら駆け下りる(笑)。

でもそのおかげで、リフトの補助もしやすかったし、
傾斜7度の斜面は初心者には大変いい加減。

数日前、公園の小さな山で、
夫が抱えて登り、しゅるっと滑る、
という練習をしていたおかげで、
次女ちゃんも一人ですいすい滑りましたよ!

この笑み、楽しんでるでしょ?

・・・とはいえ、リフト4回であっという間に終了しましたケド。

まあ、スキーが楽しい、って思うことが今は大事かなと。
滑りも、口出さず好きに滑らせ、
本数ちょびっとでも楽しいうちに終わって。


130108-05.jpg
そして当然、お次は冬の滝野名物、チューブソリ

広大なる北国スケール。
おまけにぴっかぴかの青空!
・・・雪焼けコワー。


130108-06.jpg
ビビリな次女ちゃん、
ちょっと前まで高速チューブそりは苦手だったのだけれど、
今日は楽しんで、何度も何度も滑りました。

お天気だけど寒い一日で(朝はロッジ前で-12度表示)
それでもめいっぱい遊んで、
帰りに2人でお昼ご飯食べていたら、次女ちゃん、
「たまにはふたりでおでかけもいいね
だって(笑)。

楽しい楽しい一日。


余談。
滝野の生き帰り、「雪祭り用雪運搬」の札を下げた
自衛隊のトラックとたくさんすれ違いました。
新聞見たら、昨日から運搬が始まったとか。
もうすぐ雪まつりなんですね。

無事帰還。

P1000493.jpg
今日こそお天気が悪かったけれど、


1213.jpg
がんこ(長女)とおっさん(長男)が林間学校へ行っていた間は、
ほんとうにいいお天気で。

この冬は雪も多くて、気温も低くて、
本当に寒い毎日なのですが、
そんな中で青空がきれいな日が二日も続くなんて、
ああ見えてうちの子たち、行いがいいんだなあ(笑)。

予定されていた、
雪中オリンピックやら、
雪中ハイキングやら、
スノートレッキングやら、
キャンプファイアーやら、
ナイトハイキングやら、
全部の行事を楽しくこなして無事帰還。

宿泊棟でお風呂にも入ってベッドで寝たおっさんと違い、
パオテント泊で二晩風呂なし、
安全のためストーブ極弱火だったため寝袋の肩から冷気が入って
めっちゃ寒かった、と帰ってきたがんこは鼻声で。

2人ともお疲れが顔に出てはいたけれど、
(おっさんはお泊り、幼稚園の1泊以来だしね)
なんだかちょっと、ひとまわり違って見えましたよ。
いい経験ができたんだね。

2人いなくなったら寂しいかな、と思っていた母ちゃんは
実は結構いつもと変わりなく過ごし(笑)。

また夏、行けるといいね。



お手紙いっぱい。

P1000861.jpg
「きれいにおろ(ど)りましたね」
「わらいかたわ(は)よっか(よかった)ですよ」

次女ちゃんが、ちょっと踊ってみて、というので、
母がフラを踊ったら、
メモ帳と鉛筆持ってフムフム、とソファから眺める次女ちゃん。

で、くれたのがこの手紙。いや、採点表?審査表?


P1000844.jpg
誰に対してもいつだって上から目線なのよ、あの子(苦笑)


121208-04.jpg
まあでも。

こんな詫び状もせっせとくれるけど。

「ねむるときけとばしてごめんね」

これくれたのは12月初め。
次女ちゃんのきっつい性格そのままの強烈なかかと落としで、
一緒に寝ている母は何度か死ぬ思いをしましたが、

そういえば。

最近蹴られてないかも!?

寒すぎて布団けっとばす必要がないからかな(笑)。


P1000733.jpg
「だいすき いつまれも」

「れ」がポイントですね。愛しいです。

「でもおとうさんにはあげなーい。ママだけだいすきー」
と夫に向かって言うのはどうかと思いますが(苦笑)

雪。

130113-01.jpg
お友だちと雪遊び。

急坂をソリでオシリで滑り降りたり、
ひたすら雪を掘ったり、その穴に落ちてみたり、
倒してみたり雪に埋めてみたり。

なんでもない公園で、こんなにダイナミックに遊べる。
北国ならではだなあ。


1000925.jpg
年が明けてから、
雪を見ても山を見ても空を見ても、

「北国生活もあと1年(ちょっと)か」

と切なく思います。

まあ、私の場合は
切実なる義母介護問題が待ち構えているので
逃避の気持ちが多分にありますが、

あんなに関東に帰りたがっていたおっさん(長男)にも
「あっちに戻りたい?」と聞くと、
「うーーーん、それが迷うんだよねーーー」と意外な返事。

理由は「雪」だって。

へー。

雪、なの?

分かる気もするけど。


あっという間に過ぎてしまいそうなこの1年、
ため息ばっかりついてそうだなあ、私(苦笑)。

ワカサギ釣り

P1000826.jpg
モルりんは人参で釣れますが、


130114-01.jpg
こちらは氷に穴ほって釣りましょう。


130114-03.jpg
石狩川でワカサギ釣り。

奥に見えるのは佐藤水産のサーモンファクトリー。

ワカサギ釣りに来た人にも駐車場を開放してくれて、
トイレも貸してくれて、暖もとらせてくれて、
大変ありがたいお店です。

借りるばっかりじゃ申し訳ないので、
ほかほか「鮭まん」買って食べましたが
(肉まんの、中身が鮭あん)
驚きの味、うまかった!!


130114-05.jpg
シロウト一家がもたもた準備してたら、
常連らしきおじさん、
手取り足取り、丁寧に教えてくれた。

ときどき様子見に来てくれて、
釣り方のコツやら、竿たての作り方やら。

大変助かりました。


130114-06.jpg
しかし極寒氷上である。

エサつけるのも手が凍ってハンパない。

「虫ヤダー」とか言っていたお母さんも、
夫だけがエサつけしていたんじゃ時間かかるので
(子どもが扱うとリールもすぐ崩壊、
 糸がからまったりのトラブルも多発)
いつしかさくさく虫つけてハサミでチョン、
ができるようになりました(笑)。


P1000862.jpg
とはいえ。

ピチピチはねるワカサギをから揚げにするのは、
なかなか勇気がいりましたよ(汗)。

大きいのも小さいのも合わせて45匹の釣果。
あっという間においしくいただきました。
(私とがんこ(長女)はちょっと、ね。
 あまり手が伸びませんでしたが・苦笑)


冷え切った体は石狩浜「番屋の湯」で温めて帰宅。
子どもたちには「また行きたーーい!」と好評の一日でした。
Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。