スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋外スケートリンク

1129.jpg
ご覧あれ、このスケートリンク。
・・・否、道路ですよ、数日前の道路。

雪のあとに雨が降り、
一晩明けたらぴっかぴかの鏡面仕上げ。


P1000570.jpg
幼稚園へ次女ちゃん送って行く往復の
ソリひっぱる母ちゃんのへっぴり腰ときたら。

そりゃもう必死。

北国住まいのご老人は本当に大変だと思う。


121201-06.jpg
で、そんならいっそ。
正真正銘鏡面仕上げのスケートへ行こうじゃないか。

真駒内屋外スケートリンク。


121201-02.jpg
北国転居してきてかれこれ2年と少し、
スケートは何度か行ったけれど、
屋外は初めて。

屋外・・・壁がない手すりがない(汗)

いかに壁に頼っていたかを思い知らされる母ちゃんに、
救いの神「スケットー」
ナイスネーミング(笑)。

迷うことなくレンタル100円/1時間を支払い、
「ほらほら~、次女ちゃんこれで滑ってごらん」
とか言いながら母ちゃんが必死につかまる(笑)。

夕方のニュースでは
この冬一番の冷え込み、と言っていたけれど、
おひさまも出て、風もなく、絶好の屋外スケート日和。
おっさんは汗だらだら流しており(え?)。

物足りない感じだったけれど1時間で切り上げ終了。
楽しかったね、また来よう。
スポンサーサイト

素直

P1000504.jpg
何かを学ぶということは、イコール、
いかに先生の話をちゃんと聞くか、
だとつくづく思う今日この頃。

フラなんですけど。

幸か不幸か、私は上達が早いと言っていただく。
要領はいいけど、努力もしてるよ、
というのが私の言い分だったのだけれど。

先生そう言ってたじゃん、ということを
すっかりさっぱり聞いていなかったり、
覚えていなかったり、
意図を間違えてとらえていたり。

そういう仲間に心の中で「え!?」と驚きつつ、
あれこれアドバイスしたりなんかしていると、
「ちゃんと聞く」ということの難しさを思うのです。

自分の先入観なく。
まっさらな状態で全部もらさず聞く。

物事の上達には、素直さがとっても大事なんだなあ。
私って素直だったんだなあ(笑)。

ダイエット?

121203-01.jpg
昨日、次女ちゃんと作った雪だるま。

シカさんだよ、と言って顔もつのもつけたのに、


121204.jpg
一晩たったら随分おやせになって(苦笑)。


P1000575.jpg
このまま根雪になるかなあ、
というくらいしっかり積もっていたのに、
昨晩は雨。

道路つるっつるである。

先日は知り合いのパパが、駐車場でコケて
足首折って入院1ヶ月だってコワー!

気をつけよう。

ええかっこしい。

P1000513.jpg
昔、中学生の頃。

とてもマジメだった私は、部活動もマジメに取り組み、
次の部長は私だろうと周囲も自分も思っていた。
ところが、先生が部長に指名したのは、別の同級生だった。

理由は、部にいた派手なグループの子たちへの対応は
私より彼女の方が適しているということだった。

あの時、マジメであることだけがいいんじゃないと、
初めて知ったんだった。


もひとつ。
実母は私のことをよく「外面がいい」と言った。
「そういうところお父さんにそっくり」と嫌そうに。

だから私は今でも、人に親切にした後、
なんとなく後ろめたい気分になる。
ええかっこしいな自分が見えるような気がして。



なんで昔話ふたつ思い出したかというと。

最近趣味界でもママ界でも人間関係のゴタゴタが続いて、
直接関係してるものもあれば、
そうでないものもあるんだけれど、
いずれにせよ仲介役みたいな形で関わることが多い。

そういう形で関わってる自分は、
もしかしてええかっこしいなだけなのかなとか。

信頼してもらうに足る人間なのかなとか。

なんとなく空虚になるのである(笑)。


でも最近思うのだけれど。

私が親身になる時の動機は、
決して外面のためでなく、やっぱり親切心からなんである。
人の気持ちに気づくから、
(母の顔色見て育ったゆえだと思うけど)
助けを求めているのが見えてしまうんである。
正解かは分からないけれど口を出してしまうんである。
でしゃばりすぎないよう肝に命じてるけど。

少なくとも、今のところは
「ありがとう、助かります」って言ってもらってるのは、
中学生だった頃の自分から、
少しは成長したってことなのかな。
それとも、ええかっこしいでごまかしてるだけなのかな。

・・・ひとりごとでした(笑)。

つーけまつーけま

P1000590.jpg
ダッフィーはメンズだったはずなのに。

お目目ぱちぱち。
かーわいいーー。


P1000586.jpg
40になって初体験。

つけまつげ。

フラでちょっと大きい舞台があるので、
あれこれ試しているうちにこの数である。

ドラッグストアでギャルモデルの写真がついた
盛り盛りつけまつげを真剣に吟味してるおばさん、

・・・ヒクよね~(苦笑)

今は100均でも種類が豊富なので、
ストレートやクロスや、ボリュームやナチュラルや、
いろいろ試しているうちに、
最初はどう選んでいいか分からなかったつけまも、
だいぶ分かってきたよ。

何事も経験である。
(新しいことが大好きなのね)

で。
長すぎるからカットしてみよ、とか
適当にハサミを入れてダメにしてしまったものもあり、
それを生かして(?)人形につけてみた。

かわいいのに、次女ちゃん、
「やめてーーー!!次女ちゃんのにやらないでー!!」
と泣いて怒るので(笑・なんか怖いらしい)
母のダッフィーにつけてみたという次第。


P1000587.jpg
「次女ちゃんにもまつげつけて」と言うけれど、
キミは自まつげがパチパチでうらやましいなあ。

キミの母は先生に、
「かぺちゃん、顔が地味だから派手なのつけてね!」
と言われましたよ(苦笑)。

ちなみに。
最初に「オレにもつけて!」と言ってきたのはおっさん(長男)。
つけてやったらうれしそうに見せてまわってた。
(・・・大丈夫か?)
がんこ(長女)は頑なに拒み、それでもつけてやったら、
手で顔かくしてこっそり鏡見に行っていました。

同じわが子でも個性いろいろ。

めんどくさっ。

P1000481.jpg
ダイタンなりんたろくんとはウラハラに、

がんこ(長女)ちゃんは控えめである。
何であれ、目立たないことが大事。

クラスイベントの集合写真を見ても、
ギャル風ピースポーズやら、
大笑いやらして写ってる女子チームから外れて、
ぽつんとはじっこに写ってる。
(とはいえ、友だちがいないわけではなくて、
 同じノリするのは恥ずかしいだけ、というのが本人談)

洋服も、地味一辺倒。
ジーパン以外履かない主義だし。

・・・いいのか、がんこ。

親としては心配にもなるのだけれど。

思えば我が身もそうだったのかもなあ。


今、フラを始めて、女社会の荒波小波にもまれて、
そういえば今まであんまりこういう世界に
身をおいてこなかったなあと気づく。

何が嫌って、

その場で言わないで後でアレコレ言ってくること。
それも、直接じゃなくて間接的に。
二面性ありすぎ。


私は部活は体育会だったけど、
上下関係の厳しさはネチネチしたものじゃなかったと思う。
勤めた会社も女ばっかりだったけど、
半分男みたいな(笑)内面の人が多くて、
さばさば仕事させてもらってた。

で、学生時代。
最も女子女子した時代。
・・・私はがんこと同じく、ぽつんとしてたかもなあ(笑)。
今思えば、そういう面倒な社会から
距離を置いていたんだね、無意識に。

・・・なんで今更、
年配ばっかだけど精神女子まっただなかの
フラ界に足突っ込んじゃったんだろ(苦笑)。


精神的苦悩の多い趣味である。

どか雪。

P1000633.jpg
いないいなーい、


P1000634.jpg
ばっ、

ではありませんが、


12111.jpg
頭の上にこんもり雪乗せつつも、
上半身雪から出していた次女ちゃんの雪だるま


12121.jpg
一晩で雪に埋もれてしまった


12122.jpg
自転車も救出不可能。


12123.jpg
ここのところ、本当にしんしんと果てしなく降り続け、
12月としては記録的な積雪とか。

まだベタ雪だから、木も重そう。
こういう光景もそういえばあまり見なかったかも。
(サラサラ雪だとあまり木に乗らない)


除排雪が追いつかないので、
4車線道路も2車線に、両脇には身長越える雪山ができており、
車で走っているとすごい圧迫感閉塞感
おまけにハマりそうブツかりそうな緊張感と、
どの道路も渋滞なのでイライラ感と。


北国に転居してきて3度目の冬ですが、

雪、もういいし!

ってうんざり思うのは初です。
(美容院のお姉さんには
 「それは道民になったってことですよ!」
 と言われましたが・笑)


今年の雪はすごい。
海面が温かいところに寒気がきているから
積雪が多くなってる、とか聞くと、
これも温暖化の影響かと、気分的にもブルーになり。


スキー、楽しむことにしましょ。

クリスマス

P1000695.jpg
シンプルなラベルがちょっと素敵。
ラベルで選んだ焼酎にクリスマス用シャンパン。

・・・消費してるのはほぼ母(笑)。


121225-03.jpg
クリスマスの朝。

サンタさんは我が家の子どもたちに、それぞれ本1冊と、
がんこ(長女)には、ミニプラネタリウム
おっさん(長男)には、遊戯王のカードセット
次女ちゃんには、たまごっちP’s

と、見事に希望に沿ったものを届けてくれました。

・・・もぉねー、サンタさん大変だったんだからっ。


P1000662.jpg
クリスマスツリーの飾りつけをする子どもたち。

五年前同じツリーに飾りつけしてる写真を見ると、
デカくなったなあ、がんこにおっさん。


このツリー、クリスマス1週間前に慌てて出しました。
すっかり出すの忘れていて、
正直、もう今年は出さなくていっか~、と思っていたのですが、

「あのね、クリスマスの前の日にね、
 欲しいものお手紙に書いて枕元に置いておくと、
 サンタさんが届けてくれるんだよ」

と、がんこが次女ちゃんに教えているのが耳に入った。

困る!
困るし前日!!

だから慌ててツリー出して、
ツリーの靴下に各自希望の品を書いて入れておくように、
と言ったのだけれど。

基本物欲があまりない姉兄、
いつまでたっても希望の品が決まらない。
(物欲のかたまり次女ちゃんは速攻決まった)

困り果てて、ニンテンドーに敗北感アリアリだけど、
3DSを2人用にひそかに購入しておいた父。

ところが。

24日になって、

「星が見られるものをください がんこ」
「遊戯王カードの炎王セットをください おっさん」

なんて書かれたお手紙が投入されたじゃありませんか。

なんだよ、星が見られるものって。
抽象的すぎだろそれ。


結局。
24日大型スーパーに買い物にでかけ、
「ちょっとお母さん買い物してくるから休憩してて」
と不審な単独行動に出、
がんこの物がそこでは見つからなかったので
「あれー、掃除機のフィルターがなかなか売ってないわ」
と、その後電気屋何件かハシゴして日がとっぷり暮れ。

・・・困るし。ほんと困るし。


とりあえず、そんな苦労をして得たプラネタリウムは、
「へー、これかあ」
というがんこの反応。
「星が見られるもの、って書いて
 何が来るかなーと思ってたらプラネタリウムだった」
と、まあ、それなりにうれしそう。
(もうひとつのプレゼント、本「はてしない話」は
 かなり分厚い本なのだけれど、
 「やった!これでしばらく暇がつぶせる」という喜び方) 

試されてる感アリアリだけど(笑)、
なんかまだちょっと微妙に信じてるっぽいから
こちらの対応も難しい小学五年生。

おっさんはというと、
「おれね!夜中に目が覚めてね、
 見たらお父さんとお母さんももう寝てたんだけどね、
 まだプレゼントきてなかったの!
 これ、サンタさんが本当にいる証明でしょ!」

いや、多分キミが目を覚ましたとき、
既に枕元にブツはあったのだと思うが・・・
うっかりぽんちきな小学三年生。
(ってか、やっぱり両親かもって思ってたんだよね・笑)


こっそり購入した3DSは、
「ありがたみが薄れる」という夫の希望により、
お年玉サプライズにまわすことにいたしましたとさ。

ほっと一息。

P1000635.jpg
りんたろくんは、
ストーブの前でご存知あるまいが、


P1000698.jpg
窓の外はほれ、また大雪吹雪である。

明日からの小学生のスキースクール、
12月でも雪の心配がないのはいいけれど、
こう寒いとかわいそう。



雪の北国とは真逆のフラですが。
イベントも無事終了してほっとしました。
(大きな舞台の緊張感は楽しかった!)

ちょっと前のブログを読み返してみれば、
自分の心のすさみ具合も分かろうというもの(苦笑)

実際、心身疲労しましたが、
同じ物事を見てもこうも人の受け止め方は違うものだと、
そういう、人との付き合い方の根本を学ばされた半年でした。
(そして、どんなにどんより大きな悩みも心の傷みも
 時間が消化してくれる、ということもね)


・・・で、精も根も使い果たしたから、
今年は大掃除ヤメタ!(笑)

だって、本当に毎日寒いんだもの。
「大掃除」はやめて、
これから毎日ちまちま片付ける分割掃除ということで(!?)。

よろしくお願いします、年神さま。
Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。