スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋晴れグリーンランド

P1000016.jpg
なにがたのしくて?

とりんたろくんはお思いでしょうが、


P1000273.jpg
お友だち一家と北海道グリーンランドへ。

素晴らしい秋晴れ。

次女ちゃんも乗り物フリーパス買って楽しめるくらい、
大きくなったんだなあと感慨。


P1000257.jpg
そして、
上2人はジェットコースターに乗れるくらい
大きくなったんだなあ。

ジェットコースター。

前回、1人で乗るのは寂しいお父さんに、
「全然怖くないよ」とウソつかれて
一緒に乗ってあげたおっさん(長男)、
あまりの恐怖に顔がひきつって涙なみだの初体験でしたが。

今回はがんこ(長女)が初体験。
「おかあさんにしつこく説得されたから」(笑)。

だってさー、
絶対このテの乗り物が好きなはずなのに、
やたらと警戒心ばかり強くて一歩が踏み出せない。
えいやっと一歩踏み出してみたらば、
思いがけない楽しいことっていっぱいあるのに。

そして実際。

がんこちゃん2連続で乗ってましたよ、ジェットコースター。

おっさんも、もう一生乗らないとか言っていたのに、
いざ乗ってみれば、
どんなものか分かっているだけに今度は楽しめたようで、
2度3度と乗っていました。

お友だちと来たから尚更楽しかったんだね。

お母さんは久しぶりに、回転ねじり系のコースターに乗ってみたけど、
頚椎損傷しそうな感じだけであんまり楽しくなかった。
やっぱり、落下系の恐怖の方がおもしろいね。

スポンサーサイト

クライミング

121004.jpg
空はすっかり秋。

どころか。

つい先日までの北海道にあるまじき残暑が
信じられないくらい肌寒い今日この頃。


120812-3.jpg
とうきびも、もうすぐ終わりだねえ。


121008-07.jpg
そんなスポーツの秋、体育の日の今日、

出かけるあてもなく家でダラダラ
昼間のニュースを見ていたら、

「きたえーる(北海道立総合体育センター)では、
 体育の日無料開放に多くの人が集まっております」と、
えらく高いクライミングウォールが映った。

うわっ、
楽しそう!!
子どもたち喜びそう!!

というわけで、絶対混んでるだのなんだの文句ばっかりの夫と
ケンカしつつそれでも家族そろって行ってみた。

駐車場も少し待ったけど停められた。

昼ご飯時のせいか、クライミング待ちの列もひいていた。

トータル1時間弱待ちはしたけど、
家族皆体験することができた。

夫終わってから「けっこうたのしいなあ」ボソ。

・・・ほーらー、
何事も行ってみなくちゃ、
やってみなくちゃわからんのだって。

ちなみに写真は、
隣の息子に先を越されていることに全く気づかず、
壁と戦う父。


121008-12.jpg
次女ちゃんも頑張ったよ。


夫もがんこ(長女)もゴールラインに到達、
おっさん(長男)などは制限時間4分で2回登ったあと、
トリが母ちゃんとなってしまい。
やーばー、これで次女ちゃんより登れなかったら
めっちゃカッコ悪い、権威ガタ落ち、と思いながら登ってみたら。

1分ちょいで登りきった。いえい。
2回目も勧められるまま登り、40秒ちょい余してゴール到達。
3回目行きます?とスタッフの人に勧められるも、
さすがに手がガクガクしてきたので気持ちよく終了。

いやあ。
楽しいね、クライミング。

その後も、
バスケット体験したり、
体力測定したり(握力上位でうれしくてしょうがない父)、
家族卓球したり、
無料開放日を満喫させていただきました。

食欲の秋

P1000245.jpg
秋の気持ちいい日差し。

・・・モルりん、食べないでよ。


P1000288.jpg
味噌。

いい感じ

市販の味噌がきれてしまい、
ざくざく混ぜてからもうすぐ3ヶ月になるので、
ちょうどいいわと出してきた。

食べてみた。

うまかった!!


P1000244.jpg
自家製いくらもいい感じ。

・・・たれを煮詰めすぎてちょっと色が濃くなっちゃったけど、
お味は最高、あっという間に完売しました。

ので。

今日チラシ価格グラム358円の筋子を再購入。
一腹二房で1900円也。

・・・高い、けど。

えい、買っちゃえ!(笑)

無念。

P1000150.jpg
9月半ば、
ベランダに出している月下美人がつぼみをつけた。

洗濯干すたびに、
少しずつ大きくなるつぼみを楽しみに眺め、
いよいよあとわずかで咲きそうなほどふくらんできた。

花開くところを家族にも見せてあげたいし、
気温も下がってきたので部屋に入れたのがつい先日。


P1000290.jpg
があぁぁぁあん。

お分かりでしょうか。
セロテープでくくりつけられたつぼみ。

犯人は定かではありませんが、
狭い我が家のことゆえ、
誰かが無意識に葉っぱと接触し、
つぼみが断裂された模様。

ぶらーーんと下がったつぼみの有様に
がんこ(長女)が「かわいそうで見ていられない」と
セロテープで補修してくれたのですが(苦笑)


P1000171.jpg
無念なり~。

層雲峡へ・1日目

P1000233.jpg
お休みにじっと家にいられないタイプなので。


121014-05.jpg
急遽思い立って、層雲峡へ。

紅葉の時期に行っておかなければ、
子どもたちに見せてやらなくては、
という夫の中の変な強迫観念、こだわりにより(笑)。


121014-06.jpg
ゆっくり家を出たので、
13時半頃「銀河の滝」「流星の滝」へ着き、
川原へ降りて眺めたあと、


P1000306.jpg
展望台への山道を見つけたので、
登ってみること30分ほど、
(おやまのぼるの、ぜったいやだ、
 と文句言いつつ次女ちゃんも登りきる)


P1000309.jpg
双瀑台展望台から眺める滝2本。

午後だと逆光になってしまうから、
午前中に来るともっときれいなのかな。


P1000321.jpg
それから大函へ。


P1000322.jpg

そのあとダムへも行ってみたけど、
風が強くてまー寒い寒い。
早々に退散して、温泉街の宿へ入りました。

宿は、人件費削減コスト削減が目に見える感じで、
お風呂もちっちゃかったけど、
お湯はすごくよかった。
つるつるだった。

おまけに、カラオケはタダだし、
温泉卓球もし放題だったし、
DVD借りるのもタダだし(トムジェリを見るはめに)
ちょっと得した気分で楽しみました。

層雲峡・2日目

1000016.jpg
層雲峡温泉で一泊して、翌日。


1015-0.jpg
悪天候である。

でも行くのである。
黒岳ロープウェーで5合目まで。
夏は登山で乗った)

冬ジャンパー着て、山小屋に置いてあるカッパも着たけど、
あんまり寒いからリフト乗るのやめようか、
と話していたら、リフト係のお兄さんが笑顔で、
「上の気温3℃ですよ~、
 こことたいして変わりませんよ~、
 乗っていきませんか~?」

しかし。
前に見える黒岳山頂が白くけぶっているのが分かりますか?


1015-3.jpg
雪である。
アラレである。

リフトに乗っている間、
顔面にビシバシ当たるアラレの痛いこと痛いこと。


1015-1.jpg
一瞬アラレがやんで、雲海気分を味わうも、

寒い!!
紅葉すっとばして冬!!


1015-2.jpg
そんな寒さの中咲く花。

・・・けれど、私たちは小屋でココアを飲んで
早々にリフトを降りたのでした。
(夏たくさん見かけたシマリスも姿はありませんでした)

下りのリフトでも顔面に当たるアラレは強烈だったけど、
今年我が家の初雪体験は、
子どもたちには大変好評でございました。
「寒かったけど、めっちゃ楽しかった!!」


1015-4.jpg
ロープウェーを降りて、
銀泉台へ行こうと思ったらすでに山道閉鎖ということで、
(リサーチ不足、思いつき行動派なもので)

ロープウェー乗り場からすぐの紅葉谷へ行ってみた。


1015-5.jpg
紅葉滝までの散策ガイドブックを
ビジターセンターでもらって、
天狗の引き臼岩だとか、凍裂木だとかを
探しながら眺めながら歩くのは楽しかったのだけれど、

クマがひっかいた跡のある木というのもあって、
それがリアルに恐ろしく感じる静けさ(笑)。

他にすれ違う人もなく、
マジクマ出るよこれ、とびびって、
途中で引き返してきたのでした。


1015-6.jpg
紅葉そのものは、
「今年はあんまりよくないですね~」
by ビジターセンターのおじさん。

今年は夏が長かったので、紅葉が遅れているのもそうだけど、
暑さで葉っぱがやられてしまって、
色づくより先に落ちてしまっているものも多いとか。

層雲峡の紅葉がいつまでも美しいものでありますように。

豊平峡

120812-5.jpg
北国は紅葉のきれいな時期です。


121027-04.jpg
というわけで、
秋晴れにつられて豊平峡へ。

混んでるよ~。駐車場いっぱいだよ~。


121027-07.jpg
駐車場からダムまで、
乗り合いの電気自動車が走っているのですが、
我が家は「歩く派」でして。
2年前も歩いた)

空気がひんやり(どころかキンキン冷える)、
その名も「冷水トンネル」と「豊平峡トンネル」を抜けると、

(これが結構長い。がんこ(長女)とおっさん(長男)が
 歩数かぞえながら歩いていたけど、
 1本が1500歩、もう一本が500歩ほど。
 次女ちゃんもがんばって歩きましたよ)


121027-12.jpg
ダムー。

曇ってきてしまったので紅葉が映えませんが、
見ごろ、きれいでした。


121027-27.jpg
展望台への散策路は「スズメバチ大量発生のため」閉鎖。

とにかく寒いし、
早々に引き返そうと母がバス乗り場に向かうと、
「えー、帰りも歩きたい」と子どもたち。

・・・というわけで。
再び寒い寒いトンネルを抜けて歩いて帰ったのでした。


駐車場から車を出したのは5時前。
ところが1時間たっても
豊平峡ダムから定山渓へ抜ける国道へ出られない。
国道へ出る信号が5分おきで短いため、
とんでもない渋滞なのです。

もともと豊平峡温泉につかっていくつもりだったので、
途中でちょい逆走して6時頃温泉に着きましたが、
(で、名物インドカレーとそばを食べて9時頃帰宅)
まっとうに並んでたら更に2時間近くかかったと思われる。
おそるべし。
シーズン中に車で行く方はご注意を。

自戒

P1000246.jpg
「アンチエイジング」って、とっても嫌いな言葉。

年はとるし、シワもできるし、いずれ死ぬ。
それにあらがったってしょうがないじゃない、
あきらめることも大事じゃない、と私は思う。

けど。

フラやってる人に自分の年齢忘れてる人多数。
・・・の気がする(笑)。


今まで女子力低く生きてきたので、
お化粧の基本的なことから、アートメイクだとか脱毛だとか、
自分をいかに素敵に見せるか、というアレコレは
新鮮で面白くもあるのだけれど。

年齢なりの落ち着きと達観を忘れまいと自戒する今日この頃。

あと。

「ダンサー」という言葉を先生がよく使うけれど、
私たちは「ダンサー」ではない。
お金をもらって踊るわけでなく、
むしろお金払って躍らせてもらう(商売されてる)わけだから。

でも、一生懸命になる余り、
基本的な自分の生活差し置いてフラにのめり込んだり、
クソマジメに思いつめすぎている人も見かける。

まあ、ね。楽しいからね、一生懸命やるってことは。
日常の家事やら育児やらと比べたらずっと楽しいから、
そっちに熱を入れたくなるのも分からないでもない。

でもさー。
自分が何者であるのか、は忘れちゃいかんね。

そんなことを思う今日この頃。意味深(笑)。

難しすぎっ!

121018.jpg
うちの前にあるナナカマド。

越してきてから2年、
毎年真っ赤な実をたーっくさんつけてたのに
今年はチラホラ。

夏が異常に暑かったせい、かなあ。
寂しいです。


P1000419.jpg
最近、学校の宿題が増えているらしきがんこ(長女)。

今日もずいぶん長いこと机にむかっていたのでのぞいたら、
「もう分かんない!難しすぎ!」
とムクれて泣きそうになってる。

3,4,5,6,7,8の最小公倍数を求める問題。
2の倍数を100まで求めて確認していったところで
嫌になったんだって。
(ノートには消しゴムのかすの山)
・・・根気よすぎだろ(苦笑)。

こういう基本的な性質って、小さい頃から変わりませんね。
黙々と取り組んで、
でも行き詰ったときに声をあげて助けを求めるわけでもなく、
一人で抱え込んで涙ぐんで。

なんか、ちっちゃいときのがんこそのままで、
母ちゃんはおかしいやら、かわいいやら。
「変わってないなー!久しぶりに見たよあんたの涙!」
とか言いながら、一緒に問題解きました。

結構難しいことやってんのね、小学5年生。
自分から「HELP!」って声あげることも大事だぞ。
ファイトっ!

カボチャだよ。

P1000473.jpg
ハロウィンカボチャ、らしき絵。

次女ちゃんが描いた。

妙にツボ。笑える。


そして、幼稚園の先生に
「とりっく おあ とりーと」
という言葉を教えてもらって、
覚えられないから紙切れに書いてもらってきたのだけれど、
それを真似したらしき、

「りっびいき」

のカード。

「このカードをここにいれるとおかしがもらえまーす」
と言ってくれた。

文字を覚えはじめた5歳児です。
Daily Moon Phases
CURRENT MOON
凛太郎

ぼくりんたろう。
ノルウェージャンフォレストキャット。
2005年8月20日生の男の子。
おっとこまえでしょ?

モル太

長女&長男&次女

かぺ

最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。